土日も働けるお店を探す

平日の夜にキャバクラのバイトをするのは難しくない

お金が欲しくて平日の夜にバイトする場合、本業である学業や仕事が疎かになってしまうこともありますよね。
バイトしてしまったことで成績が落ちてしまったり、仕事でミスを犯してしまうようなことは避けなければなりません。
でもキャバクラで働くのであれば何とかクリアできます!

キャバ嬢として働くことと本業とを両立させることは他のアルバイトと比べて決して難しいものではありません。
理由はいくつかあって、スキルや経験・資格などが無い未経験者でも始めることができますし、お客様とコミュニケーションをとることができて明るく接客できれば仕事になるというハードルの低さというものもありますが、一番の理由はその自由度の高さだと思います。

ある程度時間に自由に働ける

お店の勤務体系次第ではありますが、キャバ嬢のバイトは基本的にシフト制で、ある程度自由に出勤日や時間を選ぶことができます。
決まった平日の数時間だけ働くこともできるので、短時間でも全く問題ありません。

また「平日日中は勉強や仕事が忙しくて、土日しか働けない」「でももっと効率的に稼ぎたい!」「暇な休みの日こそお金を稼ぎたい」そんな方には土日営業しているお店がオススメです。
前述のとおり、ある程度自由に出勤日を選ぶことができますので、休みの日にしっかりと稼ぐことができますね。

夜勤務がダメでも朝と昼勤務がある

それでも
「夜の仕事だと夜中に飲み食いすることになってしまって太ってしまう」
「寝る時間も逆転してしまうので健康に悪い」
「休みの日の夜には家族や友人と会いたい」
「夜働くのは家族にバレてしまう」
なんて悩んでしまう方もいるでしょう。
そんな方でも大丈夫です。

最近では「朝キャバ」や「昼キャバ」という形態のお店もあります。
一般的な夜のキャバクラはだいたい夜7時くらいから深夜2時くらいまでが営業時間ですが、朝キャバは朝方4時くらいからお昼くらいまで、昼キャバは午前10時くらいから夕方・夜までといった、いわゆる日中が営業時間です。

お客様の業種もサラリーマンではなく、同業者の方が多いようです。
日中に勤務するお店であれば、健康にも気をつけながら規則正しい生活ができますし、一般的な昼のお仕事と時間帯が同じですので、家族や友人と一緒に過ごす時間や趣味や運動などの自分の時間も十分確保することもできます。
プライベートが充実できるのはうれしいことですよね。 求人での募集要項をしっかりと見て、自分にピッタリ合った条件の求人に応募するようにしましょう。


画像出典元:http://tabe-nomi.jp/blog-entry-329.html

スポンサーリンク